キャットフード「ブルーバッファロー」

ブルーバッファローというキャットフードを聞いたことがありますか?

ブルーバッファローは輸入でしか扱っていませんでしたが2016年4月に日本にやってきました。

グレインフリーではなくても多くのファンがいます。

それは独自の理論からキャットフードを作っていることに理由があるようです。

多少の穀物を使用することで食物繊維の働きをし、腸内をきれいにする役目を果たしているようです。

そのような効果がファンの支持を増やすようです。

ブルーバッファローはライフステージ、ライフプロテクションによってフードを選ぶことができます。

1:幼猫用

2:成猫用室内飼いの体重管理

3:成猫用室内飼いのお腹ケアサポート

4:成猫用室内飼いの毛玉用

5:7歳以上のシニア猫用

5種類を展開しており通常の猫用がなぜないのかは分かりませんが高品質で通常の猫以外のフードを作りたかったのかもしれません。栄養素が少なくならないようにコールドプロセル製法を採用していて栄養を凝縮することができるようです。プレミアムフードの中でも聞かないような製法や独自理論がとても特徴的で興味がそそられます。

気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

シンプリーキャットフードは楽天で売ってる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です